おしごと イラスト本

なぜ、私がイラスト本のチャンスをもらえたのでしょう??

更新日:

突然ですが、私は美術学校や専門学校などに、通ったことがありません。
(Illustrator・Photoshopなどは営業事務しながら仕事帰りに通いました)

独学とも言えないような、独自のお絵描きで、
ただ楽しいからやってきた、と言う程度です。
自分で言うのもアレですが、上手!っていう感じでもありません。

でも、そんな私porimai(大原智江)が、
2015年に、初めてのイラスト本を出すことができました。

お声がけいただいたのが、
編集プロダクションの方からのFacebookページのメッセージ。
最初は「騙されてないかな?」なんて本気で思ってドキドキ…
でも、丁寧にやりとりしてくださるし、
だんだんに「どうやら現実だね」って安心したりもして。笑

そんな気持ちの変化も経て、
日程を合わせて
担当編集さんと一緒に出版社さんに出向いて
お打ち合わせをさせていただきました。

以下、出版社の担当さんとのやりとり。

私の絵…丸描いてチョン、なんですけど、いいんでしょうか?上手な絵は描けないんですが…
いえ、だからこそ、いいんですよ!!!
え・・・ああ、そっか。誰でも描ける!っていうところがポイントなんですね・・・?
そう、せっかく買ったのに真似できない…のじゃなくって、実際できそうっていうのがいいんです
わかりました!がんばります!私でいいのかな?って思っていたので、安心しました〜!

 

それにしても、、、
私って、全然知られるようなことをしていないけれど
どうやって見つけてくださったのだろう・・・?

あの・・・どちらで、私のことを知ってくださったのでしょうか?
ブログとインスタで、こういう方、いないかなぁって探していて、あ、こういう感じ!って思って、お声掛けをして欲しいってお願いしたんです。
そうなんですねぇ…ありがとうございます〜!

ただ、好きで描いていただけで、おやつにお絵描きしたり、
しかも占えないくせになんでも吉になる「占い」をイラストで載せたり
ちょっとふざけたことばかりしていたのに

こうやって、
出会いがやってきた。

初めての、「本」に関わるお仕事。
チャンスがあれば毎日でも本屋さんに行っていた私にとって
一つの夢がかなったと言っても過言ではない・・・

この時は、ちょうど妊娠がわかった頃で
ちょっと具合の悪い日もあったのですが
お打ち合わせの時はシャキッと動けたりもして
「本、つくりたい!」って言う気持ちと
おなかの子っこが応援してくれてるのねって思ったりもして
楽しく制作をスタートさせてもらいました。

ご迷惑をおかけしてしまったところもあったけれど
出版社さん、編集さんの多大なお力と
カメラマンさんの素敵な写真、
お借りした素敵なスタジオ、
デザイナーさんの素敵なデザインのおかげさまで
見ているだけでも楽しめる一冊になりました。
※現在は在庫終了。若干数であればご相談ください。

しかも売価が500円ちょっととかって、、ちびっこのお小遣いでも買えちゃうよ!
すごいよね!全国の書店とコンビニにも置いてあるとかって、感動でした。

 

岩手の花巻に住む妹からは、

仕事で訪れたとある事務所の壁に
「不審者が現れた時の対処法」が書かれたチャートが貼ってあって
ちえちゃんの描く絵に似てる。。。と思ってあたりを探したら
イラスト本が置いてあった!

という出来事の報告もあったりで。

ちなみに、頭がクリクリしたおばちゃんみたいな顔と
help!の時から手がはえてるような文字が描いてあったそう。

私の「簡単に描けそうな絵」
イラスト描きとして恥じることなく
大切にしていこう・・・と思った出来事でした。

私は"上手な絵の先生"にはなれない(今のところはネ!)けれど、
かんたんなお絵描きが一緒に出来そうっていうことから
イラスト本のチャンスをいただくことが出来ました。

その一方で、
やっぱりイラスト技術にはコンプレックスもあるので
もう少し勉強したいな…とも思っています。
少しでも成長していきたいので
これからやっていくことは、またこちらで報告させていただきますね。

そして・・・嬉しいニュース!

この「マルからはじめるかわいいイラストの描き方」の発行から
1年ちょっと過ぎた頃、
編集プロダクションさんから
「在庫も順調になくなりそうで、続編を出せることになりました!」
というご連絡があったのです。
なんとー!!!

次は、この本が出ることに関するお話も、書きたいと思います。

お読みいただきありがとうございました!^^

-おしごと, イラスト本

Copyright© イラスト雑貨 porimai , 2019 All Rights Reserved.